キャバクラで迷惑をかけないように

手を出しいてはいけない

暴力行為

あなたがキャバクラに通い詰めて、もし女性から親しみを持つような関係を持ってくれたと勘違いし、軽快なトークで腹を立ててしまったとしても暴力行為はしてはいけません。
たとえどんな理由があっても暴力行為をしてはあなたに対するイメージがみんなからすごく悪くなるでしょう。
またそれだけではなく、お店の中の険悪な雰囲気が流れてしまい、もう二度とそのお店を利用しないように出禁を食らわせることもあります。
キャバクラだとはいえ、相手は女性ですので暴力行為をせずに自分も大人の男として紳士的に対応してください。
コミュニケーションをするにはこのような面も必要となり、より自分が楽しめるようなキャラクターを、ストレスが発散できるような自分になれば楽しくなれるでしょう。

能力行為をしたその後

もし暴力行為をしてしまったら今後どのようなことが起きてしまうのでしょうか。
そのようなケースが起きてしまうと、まずそのお店にはあなたが暴行行為を働いたということで周りの女性やお客様が不安な顔になり営業がしにくい雰囲気が流れてしまいます。
そのためそのお店にはいけず、他店のキャバクラに行こうと思ってもその店でやらかした問題が流れ、他のお店からは印象が悪いお客様、または入れないということにもなり得ます。
一度身についた暴行行為という話はなかなか取れずイメージがずっとまとわり付くので気をつけましょう。
また最悪のパターンで警察に通報されてしまい、警察からの逮捕をされることもありますのでキャバクラでの中ではほどほどに楽しみ、女性からのトークで楽しくストレスを発散しましょう。